TOP

  • 全ての記事
  • 日本のCTO
  • ITプロインタビュー
  • 利用企業インタビュー
  • その他
  • close

    MENU

    「限られた時間で生み出せる成果にこだわりたい」【阿部宏晃さんインタビュー】

    ITプロインタビュー

    2015年07月29日

    abe

    フリーランスエンジニアとして活躍する阿部宏晃氏。現在は週3日をITプロとして働く傍ら、空いた時間で自らのサービス開発を手がけている。経験に裏打ちされた高いスキルを有する阿部氏だが、聞けば大学時代は文系。エンジニアとしてのキャリアは転職した2社目で偶然、始まったものだとか…? 「受け身ではなく能動的に開発がしたい」とフリーランスを選択した阿部氏に、これまでの背景や今のワークスタイルについて話を伺った。

    ■転職を機にゼロからエンジニア、その後フリーランスへ
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    Q.文系から、エンジニアとしてのキャリアをスタートされるまでの背景は…?


    大学時代は法学部で、ITと結びつきが強いわけではなかったんです。最初に就職したのもメーカー。事業開発部に配属され、営業と設計の間に入る調整役のようなことをしていました。コストを把握して収益性を保ちながら価格を検討したり、新しいプロダクトの市場調査をして成長性を検討したりと、扱う内容が幅広く面白かったですね。


    ただ大企業だったので、若いうちから自分で決定して進めるというのは難しくて。もう少し主体的に関われるような働き方がしたいな…と思うようになりました。「事業単位で絵を描いてビジネスを作っていく」部分には面白さを感じていたので、コンサルティング領域に興味を持ち、ERPパッケージを提供している会社へ転職したんです。


    僕としてはコンサルタントになりたいなという感じで入ったんですが、研修を終えて配属先が決まったら「システム開発」と言われて(笑)。なぜか開発をやることに。そこからシステム系のエンジニアとしてスタートしたわけです。


    Q.2社目で初めてエンジニアに。どのような仕事をしていたのでしょう?


    初めての領域でてんやわんやでしたが、2年ほど続けているとプログラミングにも徐々に慣れてきて。内容としてはERPの中でも人事系、交通費や経費申請などの際に使うシステムを作っていました。仕様書ありきではなく、お客様の要望リストをもとに、自社での汎用性なども意識しながらエンジニアが最終的に仕様を決めていくという形だったので、比較的自由な開発スタイルだったと思います。


    Q.その後はコンサルティング会社に転職されていますね。


    IT系に強いコンサルティング会社に転職したのですが、こちらは前の会社に比べると仕様書を決めてテストを繰り返して…と各工程が固まっているスタイルでしたね。コンサルティングというよりも、どちらかというとSIerのような感じだったかも。僕自身も、お客様と会って仕様をまとめるというよりも、開発に近いところをずっとやっていました。


    Q.フリーランスとして独立したきっかけは?


    会社員として働くうち、自分で自分のサービスを作ってみたいと思うようになったんです。IT系って自分で作る敷居が低いというか、自分の思ったモノを実際に作っていくことができるなと感じていて。当時29歳で、自由にやれるのは20代が最後かなと思ったこともあり、2012年の11月にフリーランスになりました。


     

    ■自分のやりたいことに時間を使えてモチベーションも上昇
    abe

    Q.現在の1週間の過ごし方は…?


    火、水、木の9時~18時は、ITプロとして企業に常駐。それ以外の日は基本的に、自分のサービス開発に充てている感じですね。後はスキルアップというか、より深く学びたい技術の勉強時間もとるようにしています。


    ITプロを始めたことで早起きになって、規則正しい生活リズムになりました。また会社に常駐する環境があると、フリーランスとしてひとりで働いているよりもいろいろな人に出会えるので、「社会に復帰した」みたいな感じです(笑)。生活リズムや人と会う環境があるのはいいですよね。かつ、今は自分のやりたいことに使える時間もあるという。


    Q.3で入ることに対して、不安などはありましたか?


    実は周りから、「週3だと会社側も任せられなくて、ルーティンの仕事になっちゃうんじゃないの?」って言われていたんです。でも入ってみたらそんなことはなくて。今の派遣先には僕も含めて4人のITプロが入っているのですが、それぞれ個別に任されている内容が違って、その人に委ねられているというか。自由度が高いなと感じています。


    あとは、期待される以上のアウトプットを自分が出せるかというところ。フリーランスとして、成果と金額のバランス感覚は身にしみているので、時間が限られる分、しっかりとした成果を出していかなければ、という思いで働いています。


    Q.他の3名のITプロから刺激を受けたりすることも?


    そう、皆さんすごい方ばかりなんです。繰り広げられている会話が、自分が初めて聞くようなものだったりして。自分ももっと成長したい、という気持ちになれますね。


    Q.今の働き方と、会社員時代とを比較して感じることは?


    会社員時代は長時間労働で、日曜日にはすごく憂鬱になったりしていたんですが、今はそんな感覚におそわれることもなく、むしろ早く開発したいという気持ちがわくんです。あとはやはり、自分のやりたいことをやる時間も確保しながら働けるというのは、モチベーションを高めていくためにもすごくいいですね。


     

    ■空いた時間を活用し、自分のサービスも試験運用中

    Q.現在も新しくご自身で開発中のサービスがあるとか…?


    まだ徐々に形にしていっている段階なので途中ですが、求人関連サービスの試験運用を始めています。先日は、約1ヵ月で700件以上の、アルバイトスタッフによるリアルな体験談を集めました。今後はより体制を整え、改めて情報発信していく予定です!


     

    ■能動的思考を身につければ、「学ぶ」は楽しい
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    Q.阿部さんの考える、エンジニアにとって大切なマインドとは?


    ITプロパートナーズに登録する方って「自分で何かやりたい」という方が多いと思うんですよ。会社員としての仕事やフリーランスの受託案件というのはどちらかというと“決められたことをやる”意識が強いと思うんですが、ここに来る方ってたぶん、何か自分でやりたいことがある。


    そういう、能動的に自分で何かをやっていくという気持ちを持っているのは大切かなと。システムって深くて広いし、ちょっとマニアックなところもあるじゃないですか。だから受け身だと知識もなかなか身につかない。でも自分でこんなサービスを作ってみたい、その手段として何を使うか…という視点から興味をもつと、楽しく学べるんですよね。


    どんな働き方でも、そうやって能動的に興味を持てる思考が自分にあれば楽しめるんじゃないかと思います。僕自身もまだまだ勉強中ですけど、そういう思考の持ち主になっていきたいですね。楽しむっていうのがやっぱり根幹だと思います。


    Q.これからの展望は?


    ITプロはいろいろな方との関わりを持てますし、自分にとっても良い経験になっているので、自分のやろうとしているサービスと、ITプロの仕事、両方とも力を注いでいきたいと思っています。今後は、ITプロとしての仕事もしっかりと成果を出しつつ、自分のサービスもちゃんと形にしていきたいですね。


     


    edited by editor
    ITPRO